赤坂・日枝神社 – 2月23日, 晴天

日枝神社には何度か訪問しているが、いつもエスカレーターの鳥居から入って登っている。正式な門にある男坂を登るのが一番ご利益があるらしい…ので、この日はそこを目指した。南北線溜池山王駅6番出口を出て、キャピトル東急ホテルからすぐのはずなんだけど….

いつまでも男坂がみつからず、延々と歩く(後で分かったが反対方向に歩いていたらしい)。エスカレーターの下をくぐったあたりでどうも変だ、と思ったがまぁいいや、とそのまま進む。

神社の山の周りをぐるっとまわるはめになった。坂を登って、また降る。歩いたことない道だし、これも経験。坂の左手奥に見えるちょっと瀟洒な塀の付近は、都立日比谷高校の敷地。と、いうのをこの時知った。この坂道には桜の木が並んでいたので、桜の時期にはいい感じになりそう。

「赤坂」というだけあって坂が多いね。この右手のカーブを曲がって少し進むと…

回り道の末、「正参道」に到着。

上からのアングル。

目の前で工事中の建物はアパホテルだ。由緒ある日枝神社の山門の目の前がアパホテルとは….。私的に残念。

やはり少しでも花が咲いていると場が大分華やぐ。

密かに強力なパワースポットと言われている末社。実はこの日初めて訪問した。向かって左に山王稲荷神社が、右に八坂神社・猿田彦神社がある。ご利益など詳しくはこちらや、こちらなど参照。

末社の左手、朱色の「千本鳥居」の階段を下りていくと、ここに出る。目の前の外堀通りを左手に進む。

おなじみの、エスカレーターがある大鳥居にでる。何度も写真撮っているけど、やっぱり青空は気持ちいいです。

 

男坂への正しいアクセス
南北線溜池山王駅6番出口をでて左手に進むとキャピトル東急の脇に小さな階段があるので、そこを登るとほどなく正参道の鳥居がある。ちなみに5・6番出口は南北線専用らしく、銀座線の溜池山王駅からは出られなかった。