ブルーボトルコーヒー品川 in FOOD&TIME ISETAN


(Photo by Karen Neoh)

ブルーボトルコーヒー品川店。高尚なコンセプトを掲げてリニューアルオープンしたアトレ品川3F 「FOOD&TIME ISETAN」内にあり、隣の本屋とか何の店だかわからない店とかもいかにも「意識高い」系なんだけど、そういうのもういいよ。

腹が減っていたので何か足しになるものを食いたかった。できればパサパサのスコーンではないものを食べたかったが、他にも「乾きもの」系しかなかったので、仕方ない。ひどい言い方だけど、スコーンは意外と、そこそこうまかった。しかし量が多すぎ。ブルーボトルでは初めてハンドドリップを飲んだ。浅煎り自体は好きな方だが、ここのはちょっと違うという気がした。まぁ、どうでもいい。写真撮ったけどもうどうでもよくて載せる気しない。

店員に覇気がない。青瓶の店は特に男性店員のドヤ顔にげんなりする。よくあるチェーン店の接客の方が、はるかにマシ。ミニトレイが用意されていない、シュガーやガムシロが少量ずつしかでない、かつ店内にボトルが一つずつしかないため(確信犯か?)利用効率が悪い。

普通に考えて、快適なカフェ環境とはほど遠いのである。どこがHEAVENじゃ。ここだけじゃなくて、青瓶はもう行かんでええかな、と思う。

(追記)
かなり文章荒れてるけど、それだけ不愉快だったということ。