本好きの理想郷 – Bookcafe Den, 西調布

「ここめっちゃ好きだー!!」ってお店みつけてしまった。京王線・西調布のBookcafe Den(ブックカフェ デン)。

こちらオープンしたのはかれこれ7、8年ほど前だったか。その存在は知っていたんだけど、西調布に特に用事もなく、隣駅にもかかわらずスルーしてた。それが、ふと行ってみようと思い立ったのはラグビーワールドカップがきっかけなのだから世の中わからない。

ブックカフェ Den, 西調布

訪れたのは約1ヶ月ほど前でして、ラグビーワールドカップたけなわの頃だった。調布駅前のファンゾーンがすごいことになっててね。なんか、ラグビーもいいけどちょっとこの喧騒から離れたい…という気分だった。

そんなときにふと思い出したのがこちらだったのだ。

一歩店内に入った途端…というかその前のエントランスから、ここ好きになりそう!って予感がした。テーブルに着席すると予感は確信になった。den(書斎、隠れ家)という名の通り、そこは本に囲まれた小宇宙だった。「!!!」と、本の虫アドレナリンが静かにヒートアップするのを、ひしひしと感じましたね。こんな空間、好きに決まってる。

bookcafe den

メインの本棚の目立つ場所に、こんな一角があった。本はオーナーご夫妻の蔵書が置かれているとのことだが、この配置は、ラグビーワールドカップ開催を多少なりとも意識しているのかな? だとしたら、なかなかいいセンスしてると思った。

自分も含めておよそ多くの日本人は、アイルランドもスコットランドのことも、実はよく知らないからね…

他の蔵書も美術関係やタイムレスな児童文学など、品のよいラインナップが中心で、よいねー。個人的にこんな感じ、大好きなんだ。

せっかくなのでタイムリーな一冊を手にとってみた。こちらオーナーご夫妻が、自宅の改築をきっかけにブックカフェ開業に至ったそうですが、本当に旧知の本好きな友人宅を訪れて、好き勝手に本を手にとってくつろいでいる、そんな気分になってしまう。

オーダーはコーヒーとケーキのセット。ケーキは2、3種類から選べる。りんごのタルトにした。ケーキはどうやら府中の「キャラメルハウス」提供?らしい。コーヒーは、すみません、正直期待していなかったのですがバランスがよくてすごく美味しかった。

本好き天国・Bookcafe den

この空間でコーヒーを飲みながら読書。至福以外の何物でもない。

bookcafe den, 西調布

こちらを訪問したら、昔イタリア語教室で知り合った文学関係の方の御宅に、何度かお邪魔したことを思い出した。大きな家ではなかったけれど、玄関に入るなり、廊下や、階段にまで本が溢れていて、やはり本だらけのリビングで談笑していると、知識人の御宅に招かれてるー!感をひしひしと感じたものです。

お家は国立だったのですが、その方の娘さんの同級生の一人が、著名な小説家なのですよ….

クリスマス近い時期に訪問したとき、本に囲まれた暖かなリビングで、イタリアやノルウェー旅行のお話を伺ったことは、今となっては貴重な思い出だ。このときはお土産にシュトレーンをいただいた。

Aさん、元気でいらっしゃるだろうか。

…と、これは完全に余談だけど、本の集まる場所には小さな宇宙が発生するもので、その宇宙の片鱗に触れる時間は時に、かけがえのない体験になるものだと言いたかった。

 

美味しいコーヒーとともに、本の続きを読むために。隠れ家空間でひとときを過ごして自分をリセットするために。

「Bookcafe Den」さんに通うことになりそうな予感がする。

Book Cafe Den
東京都調布市上石原2-22-3
(京王線西調布駅南口 品川通り沿い徒歩5分)
11:30 - 18:00
月・火定休
http://bookcafeden.sakura.ne.jp/