東京パン巡り – ブーランジェリースドウ,松陰神社前

積んだあげくに没になっていたネタシリーズ。今回も引き続きパン屋さんネタで、昨年6月に東急世田谷線・松陰神社前の大大大人気ベーカリー「ブーランジェリースドウ」に突撃した記録を。

昨年の6月、平日水曜日が空いていたのでがんばって10時前の到着目指して家を出発。どうにか開店前に着いたものの、すでに行列が!こちら入場制限するんだけど、私はタッチの差で第一陣を逃したため、開店後もしばらく店頭で待った。第一陣に滑り込めたら、当日販売分の幻の食パンが購入できたんだけどね…

どっさり買いましたよ、次いつ来れるか分からないんだもん。で、その後仙川まで戻って猨田彦珈琲でコーヒー買って、クイーンズ伊勢丹2Fのテラスに戦利品並べてみた。

上からキャラメルバナナのデニッシュ、パンオショコラ、クロワッサン。キャラメルバナナのデニッシュはそこそこ美味しかったけど、後2つは、あまり好みのタイプではなかった。残念だけど、生地がパリパリ系のヴィエノワズリーは好きじゃないんだ。

ゴールデンキウイのデニッシュ。断面図は自宅で撮影したものです。価格は450円くらい、もはやパティスリーの域。美味しかったので、それくらい払っていいんですが。

あんバターこっぺ、カスタードのパン(名称失念)、食事用のロールパン(これも名称失念)など。一度に食べたわけじゃないですよ。感動するほど「美味しい〜〜〜!」と思った記憶はないけど、それなりに美味しかったのだろう、と思う….。1年以上前なので、その辺りはっきりとは…

デニッシュやヴィエノワズリー系はそれなりにいい値段するけど、カスタードのパンや食事パンはお求め易い価格だった。材料費や製造工程に対して妥当な価格設定なんだろうな、と思う。スタッフさんの接客もしっかりしていて、教育が行き届いているんだな、とも。

この時は初めての訪問で舞い上がっていたし、買いすぎてしまって逆にちゃんと味わえていなかった気もする。

私は他のパンマニアの方々ほどの情熱と体力がないので、パンのために早起きして松陰神社前まで行くことはもうできそうにないけど、チャンスがあればまたトライして、落ち着いて味わってみたい。