渋谷 Cafe 1886 at Boschで平日モーニング

渋谷にドイツの自動車部品メーカー・Boschのカフェがあると知って、行ってみた。

 

当初、こちら夜も営業しているので仕事帰りによってもいいかと思ったんだけど、最初は絶対昼間の自然光が入る空間を見てみたかったもんだから、平日休みの午前中に来たのである。平日ならモーニングがあるし。

 

建物の上階はBosch社のオフィス。いかにもドイツっぽい、「質実剛健」な雰囲気であります。正直ドイツにはさほど興味はないけど、こんな感じのセンスは好きだよ。

ちなみにアクセスは、渋谷駅からヒカリエ方面に出て、歩道橋を渋谷警察署側に降りて、六本木通り(首都高3号)の坂を上り、セブンイレブンを通り越して右手。駅から徒歩5,6分くらい。渋谷駅周辺はダンジョン状態なので詳しい説明はできないが、とにかく渋谷警察署を目指せば良い。

 

カウンターでオーダーを済ませてから、店内奥、窓際のソファ席に座る。店内は広々、開放感あふれる空間が良い。平日午前中だからまだ人も少なくて、気分がいい。運営はトランジット。インテリアはウッディがベースでグレーと紺がメインカラーになってる。悔しいけど好みだ。内装デザインは「窪田建築都市研究所」の窪田茂氏が手がけてるんだって(参考)。

 

小道具も自動車部品メーカーチックというか、ドイツっぽいというか、まぁ狙ってるのはわかるんだけど、いちいちかっこいい。自分的には「ゆるふわ系」よりこういうセンスの方が断然好きなので、悔しいけどこれもツボ。

 

モーニングはBセット 550円、ドリンクは別に200円で計750円(税込)。パン、ソーセージ、コールスローに、ポーチドエッグ。シリアルのセットもあるけどこの時点で売り切れだった。近辺のオフィスワーカーも朝食に訪れるんでしょうね。モーニングは平日のみ、11時まで。

 

パン、ソーセージ、コールスロー、コーヒーなどの味は特筆するほどではないけど、この空間でこの価格だったらお得と言える。残念なのは手前のマーガリン。これは少なくてもいいからバターにするべきだ。マーガリンというのはいわば「カニカマ」であって、バターのフェイク。何かとこだわってプロデュースしてるのに、ここだけかっこ悪い。改善願う。

 

…と1点だけ注文つけたけど自分にはツボな店なのでまた訪れたい。

 

café 1886 at Bosch
東京都渋谷区渋谷3-6-7(Map)
月〜金 8:30-21:00 (L.O.20:30)
土日祝 11:00-20:00 (L.O.19:30)
不定休
café 1886 at Bosch