バルセロナ Fargaの朝食

2014年初頭の記録ですが。

バルセロナのパティスリー & カフェ Fargaにて朝食を。バルセロナにはFargaのカフェがGran viaとDiagonalに2店舗ある。

cafe_farga2

cafe_farga1

cafe_farga3

こちらはGran via店にて、カフェコンレチェとチョコレートクロワッサン、チーズのクロワッサン。パンは自分で好きなのを選ぶんだけど、どれも美味しそうで全部食いたかった。会計時、二人分で9ユーロくらいだったのでえー安い、と思ったが、おそらく店員さんが間違えてパンの分を会計に入れてなかったのだ。ごめんなさいね。

 

cafe_farga4

cafe_farga7

別の日に訪れた、ちょっと高級チックなDiagonal店の方。王冠みたいな甘そうなお菓子は、多分この地域の新年のお祝いスイーツ。

 

farga barcelona

この時はくるみパン、洋梨のデニッシュとミニクロワッサン。日曜日だったので混んでいてなかなかオーダーできず、かなりゆーくりした朝食になった。店を出たときには11時くらいになっていたような…。

さてここは比較的裕福な層が訪れる店と思われるが、ナイフとフォークが一緒に運ばれてきたのにちょっとびっくりした。「え、まさかこれでパンを切って食べろと?」と面食らったが、同行の母によると「でも隣の男の人、きちんとナイフとフォークでパンを切って食べてたよ」だそうだ(ちなみに母は旅先で私より周りの人をよく観察しており、よく見てるな、と感心することがままある)。

裕福そうといっても周りのお客は結構普段着っぽかったりするのだが、まぁその場の空気とか店員の立ち振る舞いとか、そんなところにちょっと違いを感じるのである。隣のテーブルには一人で訪れていた、シニア層入口くらいのシックなご婦人がいて、優雅に新聞を読んでいた。新聞を読み終わると、サッと立ち上がって出て行った。なんてことない振る舞いなのだが、かっこよかった。

ここのお菓子やチョコレートは結構いい値段はするが、やはり美味しい。今や日本でいくらでも最高峰レベルのスイーツが食べられるし、ここより美味しい店だって沢山ある。それでも、ここの味はここでしか買えないものだ。カフェのパンも大体美味しい。お菓子は空港の店舗でも購入できる。私としては、バルセルナでチョコレートを買うなら、カカオ・サンパカより断然こっち。カカオ・サンパカの、あの種類豊富な板チョコシリーズは好きだけどね(と、一応フォロー)。