カタルーニャよ、どこへ行く? (2)

10月27日、カタルーニャ州議会が独立を宣言。ほどなく、ラホイ首相がカタルーニャ自治の停止を宣言。事態は泥沼。

賛成派の中でも意見は分かれるし、独立反対派もいるし、カタルーニャ住民も一枚岩ではない。

そんな中、海外の記事で印象に残った住民のコメント。

「2か月前だったら、(投票率)43%は十分ではないと思ったでしょうね。だけど警官が投票者を殴ったのを見た後ではね、43%は十分よ」
(元記事の所在が不明だが、多分NewYorkTimesだったと思う…)

 

 

自分は、バルセロナを観光で3回訪れたことがあるだけの人間でしかない。カタルーニャに親しい友人・知人がいるわけでもない。

それでも、かの地に暮らす人々に自由と平安な日々がもたらされることを、心から願う。

追記(2018/04/10)
カタルーニャは、第2のケベック州になるのか? うぅむ…
そういえば、「独立宣言」したカタルーニャ州はいまどうなっている!?