京王線調布駅付近の再開発(2)- 調布銀座周辺

京王線調布駅付近の再開発の様子、調布銀座周辺。2018年11月から2019年2月までの写真が入り混じってます。

調布銀座商店街

これは2018年11月17日の撮影。トリエC館横「てつみち」向かい、調布銀座商店街隣のビルが解体中だった。

奥に見えるマンションもわりと最近建てられたもので、再開発事業の一環。

この日は「てつみち」でクラフト市をやっていた。このスペース、日中ほぼ日陰になってしまうのが残念。それでも周辺に広い遊び場がない子供たちは元気に走り回っているけど。

これは1月26日撮影。解体が終わって建築中になった。商業施設ができるという噂だが、具体的な計画は探ってもでてこない。なにができるんだろう。

調布銀座商店街自体の行方も、どうなんでしょうね。旧甲州街道側の入口にあった「男爵亭」は、昨年末店を閉じたし、他にもシャッターの割合が増えていってる様子。うーむ。。

追記(2019/02/23)
今日通りかかったらこんな風になっていた。何になるんだろう?

追記(2019/03/17)
昨日覗いてみたら調剤薬局っぽい内装に仕上がっていたので、角のクオーレ薬局が移転してくるっぽい。

 

調布会館 建替え現場

てつみちを駅方向に進み、薬局の角を左に曲がるとこんなことになっていた。パチンコ屋が入ってた調布会館の跡地。この付近には調布の老舗パティスリー「スリジェ」が入居するビルがあった。しばらく前にスリジェの閉店を聞き、またしばらくたってから、そのビルが解体中なのを目撃した。

調布に住み始めて7年ほどたつが、「スリジェ」は1回しか利用したことがない。ここのケーキがすごく美味しいんですよと聞いていた。それで一度購入してみたんだけど、正直なところ、これという感想はなく、特に記憶に残っていない。いいものを作っていて、クオリティは高いのだろうと思う。でも現在、東京には星の数ほど秀逸なパティスリーがあって、その中で記憶に残るものを提供するのは至難の技になってしまっている。ある意味、残酷なことだと思うけれども。

ここに何ができるんだろう、と近寄ってみたらこんなものが…すげーやな気分。(参考

パチンコ屋のある/なし、多い/少ないって、その街の民度を表すものだからねぇ。駅付近にパチンコ屋が5軒も6軒もあるってどうなのよ。天神通り商店街入り口のパチンコ屋もこないだ閉店したけど、結局、パチンコ屋の跡にはパチンコ屋しか入らない気がする。パチンコ屋が多いのは、調布のマイナスポイントだと思ってます。

追記
天神通り商店街入口のビル1Fは「メガネスーパー」が入りました。

とは言え、これだけ広い敷地なので調布会館跡のビルだけではないはず。掲示板をみると、角の薬局も新しいビルに移転するようだ。気になるんだけど、現状めぼしい情報は入手できない。

調布再開発には他にもいろいろとネタがあります。

上の写真は2月11日の撮影。調布グリーンホールで「調布さくらウィンドオーケストラ 第二回定期演奏会」を聴いた帰りです。(あぁ、ここにもパチンコ屋が…)下の空き地はタコ公園だった場所。公園は地下駐輪場とバスターミナルを作るために壊したはずなんだが、今になってその計画は白紙になり…じゃぁ公園壊すことなかったじゃないか、どう落とし前をつけるんだ!と市民運動家が抗議してたり…いろいろある。

数年前調布駅付近の樹木がいつのまにか伐採されて問題になったんだけど、そういえばパルコ前の街路樹がいつのまにか消えていた。まぁ、あれは枯れ木だったからいいとしてもね…

それから東急ストアがリニューアル中なんだけど、東急ストアだけじゃなくてあの辺一帯も再開発の計画があるようで。(参考
ポリテック・エイディディという企業がコンサルとして参画しているそうだ。

東急ストアではサンジェルマンが閉店して、そこにインストアの100均ベーカリーができるとのこと。そういう店があってもいいとは思うけど、調布駅付近には独立系の秀逸なベーカリーやパティスリーが存在しないので、そういう店を呼び込めるような、魅力のある場所になって欲しいです。

追記(2019/03/21)
調布銀座 旧甲州街道側入口「男爵亭」があった場所の建替え工事が、こんなに進んでた。ここは、何になるんだろう。

さらに追記
「いきなり!ステーキ」になってた。あー、つまらない。