京王線調布駅付近の再開発(4)- 天神通り商店街の動き

調布駅前再開発…というほど大規模なネタじゃないけど、昨日天神通り商店街を歩いたらちょっと動きがあったので記録。

右側の、グリーンのシャッターが降りている場所は以前「天神市場」が入っていて、野菜その他を販売していた。昨年の秋くらいにはもうずっとシャッターが閉まっていて、「え、いつのまに」と思った。ちなみにこの付近に小さな和菓子店もあったんだけど、そこもいつのまにかなくなっていた。

 

以下は2017年11月12日の撮影。まだ「天神市場」の看板があった。

 

昨日通りかかったら、中で工事が始まっていた。

左手の部分が厨房っぽく見えなくもないが….。何がくるのかなぁ。

こちらは旧天神市場のはす向かいに位置する、イオンリカーが入居していた建物。ここも工事してた。イオンリカーはもともと実験的な店舗だったらしい。次は何が入るのかな〜。

旧甲州街道側の天神通り入口のビル1Fは、しばらく前にパチンコ店が撤退した。「次は何になるんだろう、でもどうせまたパチンコ店じゃないの」と思っていたら、いつのまにかこんなことになっていた。

私がこちらでメガネを購入することはまずないと思うけど、またパチンコ店が入るより100倍いいです。

実は天神通りは近所の割にあまり利用していない。イオンリカーが閉店した後は、たまに「あずきの安堂」で大判焼きを買うくらいか。この通りは商店より飲食店が多く、その飲食店のカラーが偏り気味。(居酒屋、牛タン、焼き鳥、餃子…)もうちょっと、昼間普通に買い物したくなる店舗が増えると活気が生まれてよろしいのではと思う。

追記
このビルの1Fにもうひとつフロアがあって、そこはソフトバンク調布店(向かいの日高屋2Fにある)が移転してくる。

おまけで駅前ロータリーの現在。しばらく前からパルコ前のロータリーにぐるっと工事用の塀が設置されていて、かなり狭苦しく感じる。透明な部分から覗きこんで撮影したら、中はこんな様子。

工事の終了予定が来年の3月か。国領や布田駅前の工事もかなり時間がかかってたけど、その割には完成時の光景が「あれ、これだけ?」という感想だった。特に国領駅前広場の植栽のケチくささは非常に残念だ。あれではまともな木陰ができるのに何年もかかってしまう(そもそも木陰ができる前に枯れてる木がある)。調布駅前はケチくさいことしないで、素敵な広場ができるようにがんばって欲しい。

追記
3月11日、カムラッド 調布本店(トリエC館じゃなくて布田の「産食アジアンキッチン & 樽生ワイン」の方)が、統合のため閉店とのこと。こちらも寝耳に水だったけど、年度末はこういうことが多いね。近所なのに、とうとう一度も行かなかったなぁ…

追記
3月16日、駅前広場の様子。以前公園だったところ。しばらく工事用の塀で囲われていたけど、それがなくなってすっきりしてた。調布近辺は日々様子が変わっている。一般開放は4月の予定。

追記(2019/03/31)
天神通り・旧天神市場に入るのは博多系の居酒屋と判明。また居酒屋かぁ…。こう言ったら悪いけど、個人的にはがっくり。

追記(2019/04/13)
旧天神市場のはす向かい、旧イオンリカー跡のテナント判明。イタリアンチェーンのバンサンだって。(5/12オープン)ちなみにこのブランド、この4月から5月にかけて都内に7店舗新規オープン予定ってどういうこと???フランチャイズみたいだけど。どっちにしろ私的には興味ないジャンル。調布銀座「男爵亭」の跡地には「いきなりステーキ」が入るのが判明したし、ほんとチェーン店ばかりでつまらない。