年末の調布駅前広場(2019年)

年明け早々風邪(インフル?)でダウンしてしまい、まさに「寝正月」だった2020年幕開け。今も鼻づまりがひどい…

調布駅前広場

調布駅前広場の様子、2019年12月末の撮影。

この「おもてなし花壇」はラグビーワールドカップ開催していた秋頃より、花を植え替えた後の今の方がはなやかでいいかんじになった。パンジー、ビオラ、ストック、金魚草にアネモネなど。

調布駅前広場 RenG

ちなみに上は秋の様子。ラグビーワールドカップ2019終了後の11月4日撮影。この日を最後にRenGは消えた。後ろの花壇のお花、ちょっと地味で寂しくないですか。

中央の建物は解体に着手したパークサイド調布ビル。これは別の日、12月31日。

都心部の再開発がめざましいけど、一番気になっているのは地元周辺の行方なんだよねー。

(追記)
この投稿の翌週末に調布でも成人式があって、晴れ着姿の成人女子たちが上のフラワーメリーゴーラウンド(という名称は大げさに感じるが)の前で写真撮ってた。ちょっとしたものでも、そういうスポットがあるとないとで全然違う。人が集う広場にはやはり、花や緑がたくさんあった方がいいね。