新型コロナ – 欧州の行方は…

新型コロナウイルスの感染状況において、イタリアがジェットコースター暴走状態になりました。9日の北部封鎖宣言の翌日、10日には全土封鎖に。医療機関の崩壊ぶりがすさまじい。ジェットコースターに乗っているのはイタリア人だけではない。イタリアに続いてスペインの感染率も上昇中。フランス、ドイツも危ない。12日のパンデミック宣言後の13日金曜日、世界的に金融大暴落。ある程度覚悟は決めていたものの、ここまできたか、と…

2,3週間ほど前、イタリアでアジア人への人種差別がひどいニュースを聞いてかなり不愉快だった。人種差別は欧米全体にあるがイタリアは特にひどい。現地で何度か体験しているのでわかる、「ええかげんにせえよ」と思ってる。だけど今のイタリアの、特に医療機関の状況は悲惨極まりなさすぎて、人種差別云々は横においといて、罪のない人々が助かって欲しいと思う。

欧州の国々はそれぞれが鎖国状態に入ってしまい、互いに助け合っているようにはとても見えない。そういう動きが多少なりとも、あるのか?情報が入ってこないだけなのか。自国を守るためのナショナリズム全開で、何のための「欧州共同体」なのか?

2011年暮れから2012年年始にかけて訪れた、イタリア・ボローニャ、元日の様子。イタリア愛が消えても、トリノとボローニャは死ぬ前にもう一度行っておきたいかな、と思っていたのだが…

イタリアでなぜここまで感染が拡大したかについて様々な意見があるが、久々にローマナビネットさんのブログ訪問したら他ではなかなか語られていないことが書いてあった。例えば救急の診察は誰でも無料(そして何時間も待たされる)、そういうイタリアの医療制度が要因のひとつとも言えそう。

イタリアで感染拡大なぜ?

こんな時こそ平常心を。

今の自分にできること、それは明日また考えよう。

追記(2020/04/03)
欧州在住Twitterアカウントのリンクはってましたが思うことがあり削除しました。