映画 “Green Book”のサウンドトラックが相当かっこいい

映画 “Green Book”の音楽がめちゃくちゃよかったのでサウンドトラックのCDを購入したんだけど、これに収録されていなくて気になった曲も数多くあるので追及してみた。(ちなみに音楽とシーンの結びつけを確認したくて、4月末に再度鑑賞した)

映画自体については:

センスが光るロードムービー “Green Book”

CDに収録されている曲目は以下参照。
The ‘Green Book’ Soundtrack Will Fill You With So Much Joy

以下、収録曲以外も含めたリスト。曲が登場したシーンの簡単な説明も記載されている。(映画に登場した順番通りではない)
Songs and music featured in Green Book (2018)

以下で、収録曲とそれ以外の曲もほぼ聞ける。いつリンク切れになるかわからないけどはっておきます。
Green Book(2018) – Original Motion Picture Soundtrack

音楽の監修をつとめたクリス・バワーズのインタビュー。ここでも視聴可能。
必見! アカデミー賞で話題を席巻した『グリーンブック』

 

先のサイトによれば、ホットドッグの早食い競争のシーンで流れた曲。(ただし私は覚えていない。)

Pretty ‘Lil Thing by Sonny “Golden Boy” Williamson

先のサイトによれば、トニーがJoeの店で仕事のオファーを断るシーン。(これも私は記憶にない…正確には、この直前の場面で流れたのではないか?)

Throw It Out Of Your Mind by Timmy Shaw

2人が車でNYを発つシーン。NYの街を上空から俯瞰する様子だったが、曲の効果もあって印象的なシーンになっていた。

Goodbye My Lover Goodbye by Robert Mosley

ドライブ中、ラジオから黒人系の曲が3曲流れた。リトル・リチャード、チャビー・チェッカー、アレサ・フランクリン。この後、トニーがドライブインの店先で緑の翡翠の石を「拾う」シーン。

Lucille by Little Richard

Slow Twistin’ by Chubby Checker

実はこの時のたわいもない石が、後々重要なファクターとなる。ところでこの石が緑色なのは、”Greenbook”のgreenにひっかけているのかな?

終盤、クリスマスパーティーのシーンで流れていた曲。ほんのわずかしか流れないんだけど…にしても、このシーンはよいね、好きだなー。

Santa Claus is Comin’ to Town by Frankie Valli & The Four Seasons

The Christmas Song by Nat King Cole

 

最後に、エンディングロールで流れた2曲。これがなんて曲なのか知りたかった。両方ともまじかっこいいんだ!しびれる!

Go to the Mardi Gras by Professor Longhair

Rich Woman by Li’l Millet and His Creoles

“Green Book”を観たおかげで、これまで知らなかったかっこいい曲やアーティストを沢山知ることができた!