府中・大國魂神社〜カフェ オレンジブーツ

7月21日 東京オリンピック2020 テストイベントの自転車ロードレースが爆速で過ぎ去った後、府中に来たなら大國魂神社よね、と痛む足腰を抑えつつもぶらぶら向かったのだ。

爆速ロードレース観戦記

Ready Steady Tokyo – 爆速ロードレース観戦(2019年7月21日)

この大國魂神社の参道もコースの一部であったことを、この時知る。(実際走ったのは鳥居から、この門よりひとつ手前の門まで)

くー、どうせならこっちで見たかった!くやしい!世界中で、神社の参道を走る自転車レースなんて日本でしか見られないよ。しかも地元調布の隣の府中で!来年は参道で見るぞ!…と、勢いで思ったけどいろいろ調べたらスタート地点の方がよさそうだな、と思い直すなど。

お参りの後は昼食をとるため、駅前の商業施設 ル・シーニュ 5Fのカフェ ORANGE BOOTS(オレンジブーツ)へ。

おにぎりセット 680円(税込)

サーモンとアボカドのサンドウィッチ 680円 + スパークリングワイン 600円

パンはふかふかで美味しいんだけど、私的にはオニオンスライスが入ってるのがだめでした…しかし冷たいものばかりになっちゃったな。ホットコーヒーにしておけばよかった。

以下、ちょっと小言。

こちらのカフェはキャッシュオン/セルフサービス。トレーは自分で下げるんだけど、箸・カトラリー、皿、グラス、トレーを分ける必要がある。うーん、あまり細かく指示されるのは、社食みたいでちょっとねー…

それと、カトラリーや皿・グラスを分けさせる店は他にもあるけど、ここの場合下げる棚が雑然としていて、見苦しい感じになっているのが残念だった。客があらかじめ下げる食器を分けることでスタッフの効率化にはなるのだろうけど、清潔感が犠牲になるのは飲食店としていかがなものか。

ル・シーニュの飲食テナントははっきり言って郊外ニュータウンにありがちなどうでもいいチェーン店しかなく、こちらはまったく別の系統なのでちょっと期待して来てみたけど、3FのCafe Mujiにしておけばよかったかな…(無印カフェがあるのは後で知ったんだけど)

小言はさておき、9月末で閉店する伊勢丹を覗いてみた。この光景も、近々見れないものになってしまうのだな。時代的に曲がり角に来ているとはいえ、そこに「百貨店」が存在することの価値や意義というものはやはりあると思うので、ちょっと残念。

とはいえ、腰が痛いし特に何を買いたいわけでもないのでささっと退店。閉店までにもう一回くらい来れるだろうか。