函館カフェ- Cafe CentNaire(ソンテネール)の極上空間

2016年6月以来、3年ぶりの函館再訪。

 

到着後、まっさきに向かったのがここ。Cafe CenteNaire(カフェ・ソンテネール)。

カフェを営業している建物「大手町ハウス」は、ご覧の通りの有形文化財である。今年で築101年。函館には古い洋館をリノベーションしたカフェ・レストランが多いけれど、この大手町ハウスはなかでもひときわ魅力的な建造物だ。

こちら、以前は別名のカフェだったのが一度閉店 ー> ゴーフレットの店になる(*1) ー> 別名で復活?という経緯をたどっているらしい。詳しいいきさつはわからないけど、とにかく復活してよかった。復活したのを知って、絶対に訪問したいと思ってたんだ。

藤の椅子とテーブル、美しいタイル状の木目の床(このパターンは非常に珍しい)。クラシック音楽。アンティークの時計…上等で上質、すべてが美しい。

完璧に素敵な空間なのだ。いやここはもう、極上空間の域。

 

ケーキセットをオーダー。クリーム・ブリュレ、食べたかったんだよね〜。事前リサーチにおいてはパフェにも惹かれたのだが…6月末にして驚愕の寒さに断念。

 

シフォンケーキはバナナテイストだったような。しっとりして美味しい。(正直、私的にはブリュレよりシフォンの方が美味しかったかも…)

コーヒーはすっきり澄んでいて美味しいものでした。ブリュレもシフォンもボリュームたっぷりでした。それで、セット価格は税込800円だった!良心価格も素晴らしい!!

 

あぁ素敵すぎる….。コーヒー&スイーツはむろん素晴らしい。加えて、上辺だけじゃない、本物の上質な場所、時間がここにある。ちなみに店主/スタッフの女性もとても品のいい方々であった。

 

ここでは、極上の、ゆったりした時間が流れているのだ。

 

おまけ。豪華で素晴らしいお手洗い。(ここは既に「部屋」)

(1*) 2016年に訪問したけど全くダメダメな店だった。