東京パン巡り – 北海道小麦パンを身近に味わえる国領 PINO

国領Pinoのパンで朝食

素晴らしいパン屋さんでありながらまだほぼ世に知られていない…でもあまり知れ渡っても困る…そんな秀逸なベーカリー、京王線・国領駅にほど近いPINO。

 

pino_7894

こちらのパンは全て北海道小麦100%。脱サラしたオーナーさんが一人で丁寧に、少量ずつ焼いている。写真の食パンはふかふかで、マジうまいんだよ!こんなに上質で美味しい北海道小麦のパンを、北海道に行かずとも家の近くで気軽に買えるなんて、ありがたすぎる!

 

pino_7518

実は去年の撮影ですけど…、1斤9枚切りだと朝のトーストにはちょっと物足りないかもしれないが、こんな風にオープンサンドで食べるには丁度良い厚さ。これはたまたま家にあったイワシの酢漬けをのっけてみた。うまかった〜。こちら1斤360円(税抜き)。もちろん、厚さはお好みでスライスしてもらえます。

 

pino_shiropan

pino_batard

白パン、バタール。バタールは天然酵母なんだけど…、こちら「やさしいパンの店」を標榜しているだけあって、どのパンも柔らかいのである。バタールも例外ではなく、いわゆるフランスパンの食感を想像していると、全然違うものである。写真で見てもお分かり頂けると思うが、皮がふにゃふにゃである。まぁ「バタール」ではなく「ソフトフランス」と思っていれば、いいだろう。

ということでこちらのお店はハード系及びヴィエノワズリー系のパンはない。そっち系のパンが欲しければ近くに「スノウチ」があるわけだが、こちらは営業時間が短いのと行列がね。

 

国領 PINO 天然酵母食パン

白い山型食パンの他に、全粒粉入り + 天然酵母の山型食パンもある。実はこっちはつい最近初めて食べたんだけど..こ、これも美味いじゃないかぁぁぁー!!!

 

pino_0230

pino_0231

プレーンな方はふかふかであくまでソフト、一方天然酵母版はもっと歯ごたえというか噛み応えがある。しかし耳が固くてガチガチなんてことなくて、嚙みしめるほどに旨みを感じる、絶妙な、程よい固さなんだ。こ、これはうまぁぁぁぁぁぁぁぁい…..!!!絶品!そしてこちらは1斤400円(税抜き)。焼き上がりは12:10頃、でも数は少ないよ。

しつこいけど、こんなに美味しいパンを行列もせずに気軽に購入できるとは、本当にありがたい。

 

国領PINOのクリームパンとメロンパン

菓子パンもよく買う(これも昨年の撮影)。一押しはクリームパン 130円(税抜き)。濃厚に「卵感」溢れるカスタードクリームが詰まった上質な一品でありつつ、リーズナブルで素晴らしい。ちなみにこのカスタードクリーム、府中市の高野養鶏場直送のこだわり卵を使用しているそうですよ、美味しいものにはやはり訳があるね。あんぱんも美味しいんだよー!

それから以前は日曜定休だったんだけど最近日曜営業してくれるようになってこれも嬉しい(大体個人営業の美味しいパン屋に限って日曜定休なんだよな…)。

 

pino_0227

国領 PINO

小さな店なのだ。お客が殺到して、行列するようになったら困るのだ。応援してるけど、有名にはならないでくれぇ…

やさしいパンのお店 PINO
東京都調布市国領町4-46-17(Map)
8:00 - 19:00
月曜/第1・3火曜休
http://pino-pan.com