仙川 La Candeurのスイーツはやはりすごかった!

la candeur モンブラン

前回投稿の、仙川 桐朋学園学内演奏会〜Cafe Largoの後は島忠の「あおば」に寄って、それから評判のパティスリー La Candeur(ラ・カンドゥール)へ行ったんだ。2016年オープン以来すごい人気なので気にしてはいたけど、ずるずるとスルーしてしまい、今回初めての訪問。

仙川 La Candeur(ラ・カンドゥール)

場所は、人気ベーカリーAosanの少し先。

入店したらなんと、3席しかないイートインに一つ空席があるじゃないか。正直、Largoでソフトクリームを食べた後で、今ここで食べたいという気分でもなかった。しかしこれは希少チャンス。ここは、食べていくべきだ!と内なる声に押される。

店員さんにイートインの利用を告げ、しぼりたてモンブランとコーヒーをオーダー。モンブラン (650円/税抜)、コーヒー (500円)。

断面図がいまいちノンビジュアルで恐縮ですけど。風味豊かなマロンクリームにサクサクの軽いメレンゲ。ん〜、んまいわー!

でも、リリエンベルグの牙城を崩す存在ではないかな…

あの味を知ってしまうと、どうしてもね。

La Canduer ラ・カンドゥール 仙川

でももちろんこちらのスイーツが素晴らしいことは感じとれたので、テイクアウトもしちゃいましたよ。

La Canduer ラ・カンドゥール

マロン アブリコ(520円)。

蛇足。マロン アブリコをのせている楕円の皿は、ロイヤルコペンハーゲン 廃盤品のUrsula(ウワスラ)です。2007か8年頃、閉店した丸の内のイルムスで購入。なんてことない器に見えるけど、大・大・大のお気に入りなのだ。C/Sも廃盤品の、イッタラティーマのイエロー。吉祥寺のFree Design(フリーデザイン)で買いました。

ソレイユ(550円)。

このマロン アブリコが、すんばらしく美味しかった!マロンのコクと杏の酸味がこんなに合うとは!はっきり言って、イートインで食べたモンブランの数倍の衝撃だった。

「ソレイユ」は、マンゴーとパッションフルーツ(多分)ベースの爽やか系スイーツ。外側は薄いホワイトチョコでコーティングされていて、中はムース。こちらも上品で美味でしたよ。評価高いのも、わかるね。

仙川 ラ・カンドゥール 焼き菓子

焼き菓子も少々購入してみた。焼き菓子はあまり好きじゃないんだけど、イートインでおまけにいただいたクッキーがすごいレベルの美味しさだったので、これは焼き菓子も買わずに帰るわけにはいかん、と。

左上から時計周りに、バトン マレショー、マドレーヌ、ヌガティーヌ ココ、グルノーブル、ダックワーズ フランボワ。「ヌガティーヌ ココ」はココナッツのヌガティーヌに、ホワイトチョコを重ねてドライフランボワーズをちりばめたもの。

仙川 ラ・カンドゥール 焼き菓子

焼き菓子で美味しかったのは、左手 クラッシュアーモンドで包まれたバトン マレショー。軽くて香ばしい。他は…、私はやはり焼き菓子はあまり好きではなかったみたい。「ヌガティーヌ ココ」のビジュアルは素敵ですけど。

それにしても、入店時は空いていたのにイートインでケーキ食べてる間に次から次へとお客さんが入ってきて、帰りにお持ち帰りを選んでいる時もずっと続いてた。仙川・千歳烏山は以前からスイーツ激選区だったけど、相乗効果なんだろうか? こんなにレベルが高いお店が仙川にきてくれるなんて、誇らしいことだと思います。(京王線クオリティ底上げの意味でも…)

LA CANDEUR(ラ・カンドゥール) 
東京都調布市仙川町1-3-32 ピアバリュー仙川1F
営業時間:10:30~18:30
定休日:火 (+不定休)
イートインは7月〜10月のみ(13:00~18:00L.0) 
https://www.facebook.com/lacandeur.sengawa/