ノーマスク日記 – 2020年6月8日

街中の人たち、相変わらずクソ暑いのになぜかマスク、マスク、マスク。日本人ってのは、自粛にしろマスクにしろ、どうしてそんなに我慢大会に参加したいんでしょうか。

毎日街で見かけたノーマスクの人数を全部カウントして記録しているけれど、連日変化なし。さすがに萎えそうになる。日本人は、東京人は、これほど主体性がなかったのか…(これ読んで反感を覚える人もいるだろうけど、もう知らん。私はこういう立場ですから)

そんな中、身だしなみがきちんとした女性でノーマスク姿の人を見ると、心底ホッとする。彼女らの表情からは、単に暑いから外したのではなく、自身の明確な意思でマスクを外していることが読み取れる。

写真は関係ないけど、昨年の6月に撮影した、都立神代植物公園バラ園の風景。街中マスク姿ばかりで暑苦しいし気持ちが悪いので、爽やかな写真を載せたい〜!!と、過去picをあさった。

ちなみに神代植物公園は先日やっと臨時閉園から復帰したけどまだ行ってない。今月中に一回は行っておこうと思うけど…

そう、この日は抜けるような青空に恵まれたんだ。この色、ほとんど未加工でこれ!雨上がりだったのかな。

この生垣に咲いてるのはバラではなくさつきだけど見事。

ワイルドローズのコーナーにて。これは「オルレアン・ローズ」という品種。

明日も続くよノーマスク。(って、昨年の今頃してないのが当たり前でしたけど)