渋谷駅前再開発の様子(2017年11月)

渋谷 2017年11月12日

(帰宅途中にスーパーで買い物したり、帰宅後にシャワーを浴びるのも一大仕事。ブログどころではない…しかし後になって見返したいテーマなので投稿する)

渋谷駅前再開発の様子、2017年11月12日撮影。向こう側、外壁がほぼ完成しているのが渋谷ストリーム、手前、まだまだ途中なのが渋谷スクランブルスクエア(正式名称:渋谷駅地区駅街区開発計画Ⅰ期(東棟))。まだまだとは言っても、7月に見た時はまだここまで高くなかったし、外壁も全然できていなかった。着々と進んでいるということだね。

渋谷ストリームのオフィスは全フロアGoogleが入居することが決定しているそうだ。商業テナントも内定したと発表されているけど、詳細はまだ不明。

渋谷 2017年11月12日

通路の反対側。ここの風景は数年前からほぼ変化なし。水面下では進んでいるんだろうけどね。

 

渋谷 2017年11月12日

開発の行方は気になるが…、渋谷はこのまま、単一のイケイケ成金デベロッパーに完全に牛耳られることになるのだろうか?

 

以下、過去の様子。

渋谷駅前再開発の様子(2017年7月)

渋谷駅前再開発の様子(2017年1月)

追記(2017/12/09)
こちらの記事によると、12/7 東急不動産が表参道・原宿エリアの商業施設 5物件を取得したそうだ。(物件名は The Ice Cube、V28ビル、The Iceberg、The Jewels of Aoyama、Cinnamon)

「今回の取引により、同社が同エリアにおいて保有する商業施設の賃貸床面積はトップクラスとなる。」

 

….と、いうことだそうで、これからもますます渋谷エリアが東急色に染まっていくわけね。げんなりだ。