調布にできたスパニッシュバルPEPでタパスランチ

3月1日に調布駅前にオープンした、Mothers系列のスパニッシュバル PEPでランチしてきた。3月16日(土)の訪問。

店内はモダンなインテリア。約8年前に調布に引越してきた当時は、この地でこんなシャレオツ仕様な店で食事をするようになるとは想像もできなかったですよ。「デカ盛りの街・調布」からようやくここまで進化したか、と感慨深いものがある。ちなみに隣のピッツェリアのCANTERAとは奥でつながっている。

スパニッシュバル PEP

一杯目はカヴァ。タパス数種類とパエリアをオーダー。

ひよこ豆のフリット - スパニッシュバル PEP

一皿目はひよこ豆のフリット。つぶしたひよこ豆、チーズ、スパイスなどを合わせたものを揚げている。これは初めて出会う味覚。クリーミーで美味しい!(この日食べた中で一番美味しかった)

 

ナスのフリット PEP

真鰯の酢漬け スパニッシュバル PEP

pep イカのプランチャ

他、ナスのフリット(シェリーとはちみつのソース)、真鰯の酢漬け、小イカのプランチャと続く。プランチャとは鉄板焼きのことだとか。鰯がうまい。イカはちょっと塩気が強いのと、私的にはイカスミはいらなかったな。これくらいの塩気はスペインでも普通ですが。途中でグラスの白を追加オーダー。

最後のパエリアなんですが…

正直、別にパエリアは食べなくてもよかったんだけど、タパスだけというのも何なので、まぁせっかくだからという程度の気持ちでオーダーしたのである。最初にパエリアは30分くらいかかるので先にオーダーした方がいいと言われたので、始めに頼んでおいた。

しかし、こない。果てしなく、こない…。

 

最後のタパスがきてから、30分以上待ったのではないか。待ち疲れて、もうパエリアいらないから早く帰りたい気分になる。

オープン後2週間くらいたってるから慣れてきてるかなぁ、と思ったけど、もうちょっとオペレーションを勉強して欲しいところ。オープン間もないし、スタッフさん若い人ばかりだから、こなれてないのは仕方ない。とはいえ、支払った金額に対してはその対価としてふさわしい品質と対応があってしかるべき、なので。

会計は、各種タパス、パエリア(ハーフで税抜1,800円)、ドリンク合わせて6,460円(税込)。平日はランチメニューがあるらしいですが、現状休日ランチはディナーと同じメニュー構成らしく。夜はなかなか行けないのでそれも承知の上なんだけど、うーむ、やはり多少平日より割高でもいいから、休日でもセットメニューを出した方が利用しやすくなるのになぁ、と思う。

タパスはそれなりに美味しかったけど、これもちょっとメニューが少ない気がする。同じタイプの店だと「Bikini」の方に軍配が上がるような…

と、思ったことをそのまま書いてるけどdisってるつもりはありません。調布にこういうお店ができてよかったと思っているので、ぜひともこれからがんばって欲しいですよ。

 

追記
平日は1,240円〜のランチセットあり。1,240円だとサラダとカルドソ(スペイン版リゾットのようなもの)か肉 or 魚のメイン。1,800円のパエリアセットもある。私が頼むことはまずないけど。

さらに追記
以下、平日ランチしてきた記事。でもこの後メニューが変わってしまったようです。

調布スパニッシュ・PEPで平日ランチ