Road to Tokyo2020 – 2時間並んで生メダル拝んできた日

7月最後の真夏日の日曜日に、すんごい久しぶりに新宿都庁に行ってきましてね。

この行列が何かって….

これ。この看板には書いてないけど、7月31日まで東京オリンピックのメダルを展示するっていうから。これを逃したら生涯、生メダルを拝むことはないだろう、行くしかないだろう、とね…

途中でトイレ行ったり、こういうの撮影したり。

このあたりからまじ立ってるのがきつくなってきた。

ゴールは目の前だ!(まだ遠いんだけど)

そしてやっと

一番近くで撮ったのがこれ。って、同じようなアングルばっかりやん。正面からも撮ればよかった。金、銀、銅とソロでも撮ればよかった。でも、でも、舞い上がってしまって思いつかなかったんだよ…!!あぁ、バカバカ!!

でも、メダルと自分一緒に撮ってもらったんだ。一生に一度、ですから。

来年は選手のメダル授与シーンを見たら、いちいちこの「2時間並んで拝んだメダル」を感慨深く思い出すことだろう。

聖火リレーのトーチ持ったのと五輪デザインの法被着た写真も撮ったよ。普段そういうの興味ないくちなんだけどね、何しろ2時間近く並んだからね…いやー、ちかれたのなんの。

でも新宿都庁も久しぶりに行ったら新鮮だった。これまで「観光地」という視点で都庁を捉えたことがなかったけど、展望タワーにも行列できていて外国人観光客も大勢いて、「あぁ、都庁って立派な観光地じゃない」と改めて思ったのです。

おまけ。以下、都庁へのアクセス。この日往路は歩き(南側通路の歩く歩道利用)、帰りはバス利用だった。バスは、地下から都営・京王バスを利用するといい。WEバスというのも地上から出ているらしいが乗ってないからわからん。都営大江戸線の都庁前駅という手もあるけど、地下深くまで潜るのが無駄なのでそれなら歩きの方がマシという意見多数。確かに。

バス停は西口地下、高層ビル街に向かう南側通路に向かう手前にある。歩くかバスに乗るかは微妙な距離だけど、こんな暑い日はバスに乗る方が楽だよ。帰りのバスは涼しくて助かった。

ランチは手っ取り早く、新宿小田急上の「とんかつ和幸」へ。どんなに疲れて暑くて食欲がないときでも、ヒレカツなら食べれるんだ。それにしてもここにもインバウンドの波が押し寄せていて、周りのテーブルほとんど外国人グループでびっくり。大陸系ではなく欧米系が多かったようだけど。とんかつはボリューミーで分りやすいテイストだから受けるのかな?